2022/09/06 投稿

面接試験で頭が真っ白にならないための対策

夏休みが終わり、総合型選抜試験への対策もいよいよ本番モードに入ってくる頃かと思います。
まずはエントリーシートなど出願書類の提出へ向けての最終確認を行いながら、課題論文やプレゼン発表の準備を同時に進めているのではないでしょうか。
そして例年、間際になって焦ってくるのが面接の準備です。
受験生からは
「思ったように話せない」
「何をどう応えたら良いのか自信が持てない」
といった声をよく耳にします。
また「緊張して頭が真っ白になったらどうしよう」と不安を抱える受験生も少なくありません。
これまでの高校生活では、面接を経験することはあまり無いでしょうから無理もありません。
ましてや大学進学という人生の節目の一つとなると、緊張や不安が頭をよぎることも当然と言えます。

 

そこで、いつも私がアドバイスするのは、とにかく万全の準備をすること、入念に練習をしておくこと、これに尽きます。
「頭が真っ白になったらどうしよう」
ではなく
「これなら真っ白にならない」
と自信をもって言えるまで練習を積むことです。
まず取り組むべきことは、代表的な質問を想定して、それに対する自分の言葉を書き出した台本を作ることです。
それによって「てにをは」などの助詞、接続詞や文末など細かい言葉の言い回しがしっかり固まってきますので、あやふやな状態を回避することができます。

 

例えば、次の二つの文章を読んでみてください。

「私は将来、ツアープランナーになりたいです。なぜなら、旅行を通じて日本と海外の人々の活発な交流に貢献したいからです。」

「私の将来の夢は、ツアープランナーになることです。その理由は、旅行というものは日本と海外の人々が交流することに影響が大きく、私はそれに貢献したいと思うからです。」

 

どちらの文章も同じ内容を述べていて意味は十分通じます。

しかし、言葉の順序と言い回しが異なっています。
結果的に同じ趣旨が伝われば、このぐらいの違いは大して問題が無いように思えるかもしれませんが、こうしたほんの少しの違いが、積み重なることによって漠然とした不安が消えずに、頭が真っ白になったらどうしようという緊張感につながってしまうのです。
したがって、自分が話すべき言葉を書き出した台本が欠かせないのです。
当塾の対策指導では、「てにをは」を含めた言葉の順序と言い回し、接続詞と文末など細かい点に至るまでの書き出しと添削をしっかりと行っています。
その結果、受験生は何を練習すればよいのかという道筋がはっきりと見えるようになってきます。

 

その一方で、台本を作って暗記すると棒読みになるから駄目だとか、準備した質問以外に応えられなくなるから駄目だといった声もあります。
しかし、それは棒読み程度にしか練習していないことが駄目なのであって、応えをあらかじめ準備することが駄目なのではありません。
また、想定外の質問への対応については、それはそれで別の練習を積むことが必要であり、代表的な質問への対策と分けて考えなければならないのです。
当塾でもアドリブで応える練習を行いますが、台本を暗記する練習をしておくことによって話の構成や長さ、言葉づかいや言い回しの感覚が掴めてくるので、自然と応えられるようになってきます。
このあたりはあまりネット上の情報を鵜吞みにすることなく、オーソドックスな対策を講じておくことをお勧めします。
それにより毎年多くの受験生が合格を掴み取っています。